ダグさん、再診


7日の土曜、ダグさん関節炎の再診に行ってまいりました。


関節の状態を見られ、今度は痛み止めを4日に1回に減らすことに。


これで痛みを訴えなければ、次回で痛み止めはいったん終了するそうです。


もちろんサプリは続けます。




…長かったねぇあせる

あと一息だよ、ダグさん。



$垂れ耳チワワの日常-DSC_1138.JPG
「頑張りまし」




そうそう。今回、病院で診察の順番を待っていたら、ダグさんと同じブラックタンのチワワちゃんを連れた奥様が来院されました。
色合いやカットの仕方もよく似ていて、違うのはマズルの長さ(あちらの方が長め)と耳が大きくて立っていること。
奥様も親近感を覚えられたみたいで、我が家の隣の席に座られました(笑)

少しお話したのですが、男の子で体重5キロ。混合ワクチンのため来院されたとか。
ちなみに去勢後、どんどん体重が増えたんだそうです。我が家と同じパターンだわ汗

ビビリのダグさんにしては珍しく、その子とお鼻を合わせてご挨拶をしていましたニコニコ


また会えるといいね音譜

スポンサーサイト

2012.07.07 | | 病院



再診察&新たなる試み


今日は信歩の仕事がお休みなのですが、突如パパがお仕事お休みになったので、これ幸いとダグさん連れて朝から再診察に行ってきました。


こちら福岡、昨日まではじっとしているだけでも暑かったのですが、今日は曇りで風も吹いているため、ダグさんの外出には最適!
加えて、平日の方が病院の待ち時間が少ないかなと…。(こっちが本音か)


案の定、待たれている患畜さんは2頭。これなら30分も待てば終わるかなとニコニコ
…週末や祝日の変な時間に行きますと2時間待ちはザラなものであせる


カルテを持たれた先生、「ダグちゃ~ん、お入りください」だってにひひ
先週は「○○さ~ん(信歩の名字)、お入りください」だったのに(笑)


体重を量り(先週と変化なし)、後ろ足を念入りに触っていかれます。
その間、ダグさん腰を抜かした状態汗


今回も同じ消炎剤が処方されました。ただし、1日1回ではなく2日に1回に回数減。ちょっとよくなっているようです。
確かに歩いていて「ギャワン」と叫んだりはなくなりましたもんね。


ここで先生に、今後のフードと関節にいいサプリメントについて質問。
先生曰く「フードは今までのでいいです」とのこと。前回頂いたサンプルの処方食を食べるようならそれに越したことがないといった感じでしたが、与えてみると、フードの粒がとにかく大きいのでこれのみだとダグさん「食べ物ぢゃないでし…」と口を付けずにこっちをジッと見つめるのですショック!
今までのフードにからめると食べてくれましたけどねあせる


…ただ、この処方食、個人的にはちょっとガーン
だって、ロ○ヤル○ナ○のフードには発がん性物質と言われるBHAが入っているって有名なんですもの。やっぱり避けたい…。
 ※ 酸化防止剤としての使用のため、それをよしとされる方もいらっしゃるかと思いますが、それはそれでよいかと。あくまでも私見なので。


そしてサプリメントはこちら↓
$垂れ耳チワワの日常-DSC_2008.JPG
1日1カプセルだそうです。


また、運動制限も当分続き、ダイエットも同時進行ショック!
$垂れ耳チワワの日常-DSC_2010.JPG
「え!? おやつはどうなりましか? あれならいいでしよね?」


ダグさんが言ってるのは、下関での撮影会にて購入したこちら↓
$垂れ耳チワワの日常-DSC_2012.JPG
…悩むよなぁあせる


$垂れ耳チワワの日常-DSC_2011.JPG
「ボク、元気でしよ。心配ありがとでしラブラブ

2012.06.08 | | 病院



セカンドオピニオンと「ギャワン」の原因

土曜日朝一で、シマリスももちゃんを診て頂いてる先生の所に、ダグさんを連れて行きました。

こちらの先生はエキゾも診てくださいますので、ももちゃんやイチロー君にとっては大変ありがたい先生です。


ダグさんを触診された先生曰く、「四肢共に関節炎がひどいです。これだと立ってるのも痛いはず」


え? かかりつけの先生はそこまでの痛みはないと言われたけど?


で、肉球をこの2~3日舐めている姿をよく見かけるようになったので、その話もしたところ、足指の間の皮膚を診られて「ちょっと赤いからアレルギーがあるのかも」とのこと。


今までアレルギーがあるとは、かかりつけ医から言われたことが一度もなかったんですが…。


しかし困ったことに、アレルギーと関節炎の消炎剤は同時に処方できないそうで、まずは痛みがあるであろう、関節炎の対処を優先することにしました。


この日は痛み止めの注射をしてもらい、一週間分の消炎剤の飲み薬と、関節サポートというフードのサンプルが出されました。


一週間後に再診察です。
その頃には落ち着いてくれるといいのですが…。

2012.06.06 | | 病院



かかりつけ医の所見は

ダグさんをかかりつけの獣医に連れて行って診察してもらいました。


診察の結果、一時的な関節等の痛みか、精神的なもの、とのこと。


つまり、関節が動いて一瞬痛みが走った可能性があるが、触診の結果はそこまでひどくない(先生に触られている間も悲鳴はあげませんでした)し、この程度なら痛み止めはどうかなというくらい。もしかすると何か驚いて怖くておびえているかもしれない。家のインテリアを変えたり、家の外で工事をしたりすることでもストレスになるから、とのことでした。


しかし、環境的には前述のような大きな変化はありません。


とりあえず様子を見るように言われ、帰宅しました。


救いなのは、食欲がなくならないこと。またおしっこやう○ちもきちんとしていることです。


火曜日夜から、ダグさんは玄関や廊下や寝室等あちこちに移動して寝ていたのですが、翌日朝になってもダグさんは私たちのお布団から離れようとせず、ご飯を持って行ってあげました。
食欲はあっても、動くのがつらいような素振りです。


日中は、信歩たちが仕事で不在のため、サークルの中で安静にしてもらいます。


帰宅後はサークルから出しますが、すぐ信歩に「抱っこしてくださいでし」とねだります。
とにかく床に降ろしたり離れることが嫌みたいで、一時はスリングを家の中でかけてダグさんを抱っこしていました。


しかし、木曜・金曜も同じような風だったので、さすがにこれは違うと思い始めました。

2012.06.05 | | 病院



「ギャワン!」とブルブル

実は、先週の月曜日からダグさんの調子がちょっと変でした。


過去、ダグさんが足の痛みを訴えた際、獣医さんから「この子は膝の関節が動きやすいから、痛みを感じることがあるかも。体重管理をして体重を落としていくとこが必要」と言われたことがありました。


先週の月曜、たまたま信歩は仕事が休みで家にいたのですが、「ギャワン」と廊下でダグさんの悲鳴があがり、すぐに小走りでダグさんがかけてきました。
ブルブル震え、尻尾を股に挟み込んでしきりに抱っこをねだるので、しばらく抱っこして体をさすっていたのですが、落ち着いたのはお昼前のこと。


もう大丈夫かなと床に降ろして自由にさせていると、歩いていたダグさんが再度「ギャイン」と悲鳴をあげ、抱き着いてきました。これが14時半くらいのこと。


ところが2回目はなかなか震えが止まらず、信歩から離れたがりません。


また、足を上げたりかばったりという素振りがなく、体中触りましたが「キャン」と言わないため、どこが痛いのかそれとも怖いものを見て怖がっているのかがわかりません。


幸い食欲はあり、おしっこやう○ちに異常はないことと、この日はパパが仕事のため車がなく、獣医さんが公共機関で行くにはちょっと不便なところにあることもあり、様子を見ることにしました。


その夜、いつもなら寝るカドラーにも入らず、玄関の靴箱の下で休んでいるダグさん。
信歩たちの布団にも来ようとしません。


翌朝も状態は変わらず。食欲はありおしっことう○ちはしますが、やはり震えています。
この日は仕事を早めに切り上げて、獣医さんに連れて行くことにしました。


2012.06.04 | | 病院



«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング(こちらにもクリックお願いします)