FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



かかりつけ医の所見は

ダグさんをかかりつけの獣医に連れて行って診察してもらいました。


診察の結果、一時的な関節等の痛みか、精神的なもの、とのこと。


つまり、関節が動いて一瞬痛みが走った可能性があるが、触診の結果はそこまでひどくない(先生に触られている間も悲鳴はあげませんでした)し、この程度なら痛み止めはどうかなというくらい。もしかすると何か驚いて怖くておびえているかもしれない。家のインテリアを変えたり、家の外で工事をしたりすることでもストレスになるから、とのことでした。


しかし、環境的には前述のような大きな変化はありません。


とりあえず様子を見るように言われ、帰宅しました。


救いなのは、食欲がなくならないこと。またおしっこやう○ちもきちんとしていることです。


火曜日夜から、ダグさんは玄関や廊下や寝室等あちこちに移動して寝ていたのですが、翌日朝になってもダグさんは私たちのお布団から離れようとせず、ご飯を持って行ってあげました。
食欲はあっても、動くのがつらいような素振りです。


日中は、信歩たちが仕事で不在のため、サークルの中で安静にしてもらいます。


帰宅後はサークルから出しますが、すぐ信歩に「抱っこしてくださいでし」とねだります。
とにかく床に降ろしたり離れることが嫌みたいで、一時はスリングを家の中でかけてダグさんを抱っこしていました。


しかし、木曜・金曜も同じような風だったので、さすがにこれは違うと思い始めました。

スポンサーサイト

2012.06.05 | | 病院



«  | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ランキング(こちらにもクリックお願いします)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。